ベトナム情報 週刊コラム※毎週金曜日更新中

喫煙者には天国?世界最安値のたばこ価格

2015年のベトナム人男性の喫煙率は45.3%とのベトナム保健省の発表がありました。
一方ベトナム人女性の喫煙率は2%以内になり、ベトナム人女性が喫煙している姿は日常生活ではあまり、見ない印象です。
(2017年度の日本の喫煙率は男性28.2% 女性9%)

また、ベトナムは喫煙者が世界で最も多い15か国の一つとも言われています。
そして他の国と比べて、富裕層より貧困層の喫煙率が高い傾向があります。
また貧困層が吸うたばこは安価だが有害なものが多く、疾患を引き起こす可能性も高いとも言われています。

ホーチミン市内中心地では禁煙レストランなども増加していますが、まだまだ道端での喫煙や歩きたばこ、バイク乗りながらのバイクたばこなども目につきます。
エアコンが入っている室内は禁煙が普通になってきてはいますが、ベトナム人が利用するローカルレストランやカフェでは喫煙可能な場所が多いです。

露店

市内の露店やコンビニなどでも購入出来て、一箱100円~150円で販売されており、他のASEAN他国と比較しても最安値に近いとも思います。

※空港などの免税店よりベトナム街中の方が価格が安い状況

喫煙者にすると天国とも言えますが、あまりにも喫煙することの制約が無いため日本で苦労して禁煙していた方がベトナム赴任をきっかけにヘビースモーカーに戻っている場合もあります。
最近では健康被害を強調したグロテスクな写真パッケージのたばこも多くなりましたが、効果があるとは思えない状況です。

日本でも東京都内は喫煙場所も限られています。
ハワイなどではビーチでも全面禁煙になっており、強制的に吸えない環境にする事も大切な気がします。

ベトナム政府としても喫煙率削減に効果的な額までたばこに対する税率を引き上げることも検討していく方針でもあります。
価格を値上げしても現状があまりにも安価のため効果自体も期待できないとは思います。

自己責任にはなりますが、ビールも安く、たばこも安いベトナムでは享楽的な生活も出来ます。
日本人として、節度は守りながらの健康管理は行って頂きたいとは思います。

タグ内類似記事(ランダム)

カテゴリ内類似記事(新着順)