ベトナム情報 週刊コラム※毎週金曜日更新中

ベトナム・ホーチミン転職エージェント(人材紹介会社)の利用方法について

ベトナム・ホーチミン転職エージェント(人材紹介会社)の利用方法について

ベトナムやホーチミンには人材紹介会社(転職エージェント)が30社弱存在します。
転職希望者の立場からですと、どこを利用した方が良いかがわからない状況にもなっています。
当然キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントにも特徴や違いもあります。
今回は転職エージェント(人材紹介会社)の利用方法について説明致します。

ベトナムでの転職エージェント(人材紹介会社)は会社の成り立ちに違いがあります。
弊社の様な日本の大手紹介会社の子会社、日本で紹介事業を行っていない子会社、ベトナム現地での日系紹介会社、外資系の紹介会社など、会社経営している事情や事業背景も様々になります。

お勧めしている転職エージェント(人材紹介会社)の利用方法は、最低でも2.3社は登録して頂きたいです。

キャリア相談して頂ける方のスタンスやキャリア理解、紹介企業情報やその企業の理解度などを確認すると良いと思います。
※キャリアを相談して頂ける方の過去キャリアなどもお聞きすると相談して良い相手なのかも判断出来ます。

当然キャリアコンサルタントとの相性などもありますし、そもそもあまり知識や経験が少ないコンサルタントではキャリア相談すら成り立たない場合もあります。希望を伝えるだけでなく過去のご経験の棚卸も行い、ご自身の意思決定の判断軸の整理も行って頂きたいです。
(そもそも何のために海外転職なのか?なぜベトナムで働くのか?本質的な転職理由を整理)

特にベトナムも含めて海外エージェントの多くは、キャリアコンサルタント自体が若手中心の現地採用スタッフのみで運営されている場合も多く、ローカル現地スタッフの人材紹介をメインで行っている会社がほとんどです。(日本人紹介特化は少ない印象)

現地採用者だけの紹介会社では日本人シニア、エグゼクティブ、日本採用の駐在求人、専門職など給与水準が高い求人対応は残念ながら知識や経験が少ないため本質的募集背景の理解が浅く、相談が難しい場合も多いです。
※長期的なキャリアアドバイスの視点もない。目の前のご登録者を効率的に斡旋しているなど。

又、日本では新卒・未経験者など若年層の転職はWEBメディアが中心になります。
※転職エージェント(人材紹介会社)は即戦力採用などキャリアがある方がメインのサービス。

ベトナム・ホーチミンなど海外勤務には求人サイトなどで掲載されていない場合も多く、経験が少ない方も気軽に転職エージェント(人材紹介会社)をご利用頂ければとは思います。
弊社では海外転職や海外就職に迷っている方、ベトナム転職事情やベトナム事情を知りたい、現地採用の給与相場を確認したいなどの将来に向けてのご相談も承っています。

最後に転職エージェント(人材紹介会社)との出会いはご自身の人生や将来に影響するサポーター(応援者)にはなりますので慎重に選んで頂ければと思います。

※弊社のキャリアコンサルタント紹介については以下をご参照ください。お気軽にお問合せお待ちしています。
キャリアコンサルタント紹介

カテゴリ内類似記事(新着順)