ベトナム就職Q&A

ベトナム生活

英語は通じるの?

都市部のホテル、レストラン、商業施設など通じますが、タクシーや普通のお店や飲食店などはあまり通じません。公用語がベトナム語の国になります。とは言え、大卒のベトナム人の方は日本人よりも英語を使えます。

住宅探しはどのようにすれば良いでしょうか?

ご自身で探される場合は、現地不動産会社(日本語対応可の会社もあり)やFacebookのグループなどが候補に挙がります。中々家を決められない場合は、まずはサービスアパートなどに1か月ほど滞在し、その間にじっくりと探す方法もあります。

日用品はどこで買えますか?

市内のスーパー(CO.OP martなど)では食料品の他、簡単な家電(ドライヤー、電気調理器など)や文具も買うことができます。ドラッグストアのGuardianでは日本の商品もいくつか売られています。

週末は皆どんなことをしていますか?

インドア派の方は自宅でKindleで読書やテレビ鑑賞、アウトドア派の方はサークルに所属してスポーツをしたり、美味しいご飯屋さん開拓をしたりしています。ブンタウなど近場へ小旅行に出たり、英会話などを学ばれる方もいます。最近はワークショップもベトナムで流行っているので、説明はベトナム語もしくは英語が多いですが、それらに参加するのも、現地の友達を増やすきっかけになります。

ベトナムで日本人の知り合いを増やすにはどうしたら良いですか?

日本よりも仕事関係の人と友達になりやすいのが海外転職の特徴の一つです。積極的に周囲に「こんなサークルに入りたい」や、「こんなことをしたい」と発信すると、声をかけてもらえることが多いです。
また日系情報誌に掲載されているサークルに連絡を取る、出身大学や県の集まりに参加するなど、色々な方法があります。